読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT関する試験概要

いろいろな試験情報を含まれてます

難度は比較的高めとされていますので、C2090-621試験を基準に勉強しておくと安心でしょう。

C2090-621試験は複雑な中間レベルのレポートとダッシュボードを作成するプロジェクト関連の経験を持ち、効果的なチームメンバーとしてプロジェクトの実施に参加することができます。
難度は比較的高めとされていますので、C2090-621試験を基準に勉強しておくと安心でしょう。
C2090-621試験を受けたいならば、C2090-621勉強資料を使うと思います
独学の場合、IBM Certified Designer - IBM Cognos Analytics Author V11資格C2090-621問題集を使用すると、いつでもどこでも勉強を始められます。
弊社のIBM Cognos Analytics Author V11資格C2090-621学習材料の使用はあなたの知識とC2090-621認定試験を取る前にあなたの自信の両方を構築するための強力な方法です。
弊社のIBM Cognos Analytics Author V11資格C2090-621参考書を使って、経験や知識は初心者としても独学では取得できます。

具体的なC2090-621勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:iwanttopass:20170509152205p:plain

C2090-621試験概要:

試験番号:C2090-621
試験名称:IBM Cognos Analytics Author V11
問題数:60問
試験時間:90分
合格ライン:70%
試験言語:英語
対応資格:IBM Certified Designer - IBM Cognos Analytics Author V11
IBM Cognos Analytics Author V11資格C2090-621試験はリレーショナル・データおよび/またはアップロード・ファイルを使用した高度なレポート、アクティブ・レポートおよびダッシュボードの作成、プロフェッショナル・レポートの拡張、カスタマイズおよび管理を担当します。

C2090-621試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

ダッシュボード(15%)
モバイル用の設計を説明する
簡単なダッシュボードを作成する方法を説明する
複雑なインタラクティブなダッシュボードを作成する方法を説明する
ダッシュボードを変更する方法を説明する
ダッシュボードのデータを制御する方法を説明する

レポート(45%)
リストレポートを作成する方法を説明する
フィルタの適用方法の説明
プロンプトを使用する方法を説明する
条件付き書式を使用して説明する
計算とマクロを使用して説明する
マーカーの使い方を説明する
グラフィカルにデータを表示する
HTMLとXMLを使って説明する
クロス集計を使って説明する
モバイル用の設計を説明する
再利用可能なオブジェクトを使用して説明する
レイアウトコントロールを使って説明する
関連する複数のオブジェクトの組み合わせを示す
インタラクティビティを使って説明する

アクティブなレポート(16%)
レポート接続を作成する方法を説明する
チャート、Visiualizationsとデッキを使用して説明する
モバイル用の設計を記述する
コントロールと変数の管理を実演する

データ(20%)
データソースへの接続を説明する
データソースの使用方法の説明
データモジュールとFramework Managerパッケージをレポートに使用する場合の違いを説明する
データ整形を使用して説明する
SQL文を使用してレポートを作成することの説明

レポートの配布(4%)
バーストを使って説明する

弊社のIBM Cognos Analytics Author V11資格C2090-621学習材料は数名のIT専門家より心をこめて編集して整理されたもので、正確率が99%以上に達します。
弊社のIBM Cognos Analytics Author V11資格C2090-621練習問題によって、仕事あるいはもっと良い仕事を確保できます。
実際なC2090-621試験の内容を完全にカバーし、90点以上で認定試験をパスすることが可能です。
最新のIBM Cognos Analytics Author V11資格C2090-621参考書を使用すれば、短いに学習資料の更新を行っております。
弊社のC2090-621試験資料を利用すれば、短時間の準備をしても、高得点で試験に合格することができます。
最全面的なC2090-621問題と解答を提供するだけでまく、一年間の無料更新サービスも提供いたします。

1.A customer wants to have a report with a bar chart, which is going to be displayed on a tablet. By
changing a filter on the report, the chart should change dynamically. The report output size should be as
small as possible.
How can this be achieved?
A. Create an Active Report using visualizations. Check that the render method is set to Client.
B. Create an Active Report using visualizations. Check that the render method is set to Server.
C. Using a legacy chart with a conditional block around it. The block will be switched depending on the
selected filters.
D. Using a default chart with a conditional block aroundit. The block will be switched depending on the
selected filters. Set the render method to Dynamic.
Answer: B

2.An author has finished working on a Dashboard and wants to make it available to other authors.
Where should the Dashboard be located?
A. My content folder
B. Team content folder
C. Administration console, Mobile tab
D. Administration console, Library tab
Answer: B

3.A report author wants to nest a chart within a list and filter the chart data to relate to the row of the list
that it is displayed in.
How can this be done?
A. Enable share result set on the list object.
B. Create a join in the Query explorer to merge the data.
C. Select the list and define a Master detail relationship.
D. Select the chart and define a Master detail relationship.
Answer: D