読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT関する試験概要

いろいろな試験情報を含まれてます

独学で210-065試験分野の基礎知識は持っている受験者は210-065試験の合格は難しいと思います

独学で210-065試験分野の基礎知識は持っている受験者は210-065試験の合格は難しいと思います。
210-065試験の受験者は、CCNA Collaboration認定を取得している必要があります。
CCNA Collaboration認定を取得し、これらのテクノロジーの移行から生じるビジネス ニーズの高まりに IT 組織が対応できるようにするためのスキルを習得することで、学習への投資を最大限に高め、プロフェッショナルとしての価値を高めることができます。
210-065試験合格したい場合、弊社のCCNA Collaboration認定210-065参考書を勉強するのが一番いいと思います。

具体的なCCNA Collaboration認定210-065勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:iwanttopass:20170424163409p:plain


最新のCCNA Collaboration認定210-065問題集を渡すために成功を支援することを約束することができます。
弊社のCCNA Collaboration認定210-065勉強資料は正解率が高いものです。
最新のCCNA Collaboration認定210-065(Implementing Cisco Video Network Devices)受験対策は、試験範囲を97%以上の知識を網羅して、統合型のシスコ ビデオ インフラストラクチャに各種のシスコ ビデオ エンドポイントを実装するのに必要な知識が含まれて、一番な試験助手になります。

210-065試験概要:

「Implementing Cisco Video Network Devices」 (CIVND) 210-065は試験時間:75分、試験数:55 - 65 問、試験言語:英語のCCNA Collaboration認定資格に関連する試験です。
CCNA Collaboration認定210-065試験はシスコのさまざまなビジネス向けビデオ ソリューション アーキテクチャにおいて、シスコ ユニファイド コミュニケーションおよびコラボレーション、TelePresence、Digital Media Player を実装およびトラブルシューティングするための受験者の能力をテストします。

210-065試験の出題範囲となる内容は次のとおりです:

1.0 ビデオの概念  21%
2.0 エンドポイントの設定  32%
3.0 トラブルシューティングとサポート  31%
4.0 会議の概念  16%

弊社のCCNA Collaboration認定210-065学習材料をやっを通して、試験のために非常に自信を持つことになります。
弊社のCCNA Collaboration認定210-065(Implementing Cisco Video Network Devices)試験資料を購入したお客様は一年のうちに無料更新のサービスをして、更新された状態を確保できます。
受験者が持っているCCNA Collaboration認定210-065試験のテキストは最新版であることを保証できます。
弊社のCCNA Collaboration認定210-065練習問題は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。
最新の実際のCCNA Collaboration認定210-065質問と回答を含んでいて、試験に関連する知識を全面的にカバーしていますから、試験を準備をしているあなたにとってきっと最高なヘルパーです。

1. Topic 1, Video Concepts
Which four features are provided by Cisco TelePresence Management Suite? (Choose four.)
A. Scheduling of video conference calls
B. Built-in-bridge functionality for multiparty video conferences
C. SIP-H.323 protocol interworking
D. Centralized management of conference resources
E. SMTP email event notification
F. Endpoint configuration backup and restore
G. Cisco TelePresence endpoint automated redundancy
H. Automated resource optimization
Answer: A, D, E, F

2.Which three features are supported by Cisco TMSPE? (Choose three.)
A. Simplified provisioning
B. LDAP user import
C. Scheduling via Microsoft Outlook
D. FindMe
E. Jabber for Windows
F. Automatic endpoint upgrades
Answer: A, B, D

3.Management wants to modify Cisco TMS to allow users to configure the call behavior with their
associated devices and dial from a single ID.
Which feature needs to be enabled and configured?
A. Smart Scheduler
B. Low-touch Provisioning
C. FindMe
D. CMR Provisioning
Answer: C

4.Which scheduling and management application can be installed on any hardware platform that meets
the minimum specifications that the end customer decides to deploy?
A. Cisco Video Communications
B. Cisco TelePresence Management Suite
C. Cisco Digital Media Manager
D. Cisco TelePresence Management Switch
E. Cisco Unified Communications Manager
Answer: B