読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT関する試験概要

いろいろな試験情報を含まれてます

2V0-620試験合格には、仮想化エンジニアの第一歩です

2V0-620試験合格には、仮想化エンジニアの第一歩です。
2V0-620試験の対応資格はVCP6-DCV, VCP6-CMA, VCP6-DTM, VCP6-NVです。
知識ゼロ/未経験者は2V0-620試験を合格したかったら、VCP6資格2V0-620問題集は不可欠なものです。
弊社のVCP6資格2V0-620参考書を勉強すれば、試験の直前まで、電車の中等で暗記して答えられる知識を問う問題を覚えて、試験に合格できます。
弊社のVCP6資格2V0-620試験のテキストを使用すると、どこでも勉強してもいいです。
弊社のVCP6資格2V0-620勉強資料は知る必要がある答えのすべてのコンテンツをカバーしています。
弊社のVCP6資格2V0-620受験対策を使用すると、勉強期間は12時間ぐらいに、試験に合格することができます。

具体的な2V0-620勉強資料には、下記の二次元バーコードをスキャンしてください。

f:id:iwanttopass:20170328105636p:plain

2V0-620試験概要:

試験番号:2V0-620
試験名称:vSphere 6 Foundations Exam
問題数:65
試験時間:115
合格点:300
検証:vSphere 6
試験形式:単一選択及び複数選択
受験料:120ドル
注意:2V0-620試験価格は2017年4月1日に変更されます。

VCP6資格2V0-620試験では、VMware vSphere環境を理解して導入するために必要な基本的なスキルがあることを検証します。

2V0-620の各項目のトピックが出題されます
+ Section 1: Install and configure vCenter Server and ESXI
+ Section 2: Configure vSphere Networking
+ Section 3: Configure vSphere Storage
+ Section 4: Deploy and Administer Virtual Machines and vApps
+ Section 5: Establish and Maintain Availability and Resource Management Features
+ Section 6: Perform Basic Troubleshooting
+ Section 7: Monitor a vSphere Implementation

弊社のVCP6資格2V0-620問題集を使用すると、下記の目標を達成することができます。

VCP資格を取得できる
?ESXiとvCenter Serverの導入と設定
?ESXiを使用したネットワークとストレージの導入と設定
?仮想マシンと仮想アプライアンスの作成?設定?移行?展開と管理
?VMware vSphere環境へのユーザアクセスの管理
?vCenter Serverを使用したvSphere環境の拡張
?vCenter Serverを使用したリソース使用状況の監視
?ビジネス継続性への計画
?vSphere環境の管理

弊社のVCP6資格2V0-620試験対策を使用すると、理解の定着を効果的に確認することができます。
弊社のVCP6資格2V0-620勉強資料に受験された方の勉強方法を参考に、vSphere 6関する知識を行いながら学習を進めます。
弊社のVCP6資格2V0-620受験内容が理解できれば合格できると思います。
VCP6資格2V0-620問題と回答を丸暗記だけで、試験内容を習得することができます。

1.By default, each ESXi 6.x host is provisioned with a certificate from which root certificate authority?
A. RedHat Certificate Authority
B. VMware Certificate Authority
C. DigiCert Certificate Authority
D. Verisign Certificate Authority
Answer: B

2.Which vSphere 6 Enterprise Edition feature will allow an organization to ensure that critical
multi-threaded applications have the maximum possible uptime?
A. Fault Tolerance
B. High Availability
C. Distributed Resource Scheduler
D. App HA
Answer: A

3.Which vSphere 6 Standard Edition feature will allow an organization to ensure that critical
multi-threaded applications have the maximum possible uptime?
A. Fault Tolerance
B. High Availability
C. Distributed Resource Scheduler
D. App HA
Answer: B

4.Which vSphere 6.x feature will allow an organization to utilize native snapshots?
A. Virtual Volumes
B. Virtual SAN
C. VMFS3
D. VMFS5
Answer: A